アトピーは健康食品で解決しよう|肌回復を高める

緑色の錠剤

油脂分の話です

カーテン

アトピーの場合、油脂分は身体によくないものが多いことから、基本控える必要があります。 しかし、その中でもえごま油や青み魚の脂(養殖魚以外)は身体によく、積極的に摂取したい油脂分です。あまりこれらの油脂が加工されていないサプリメント使用も一つの手です。

View Detail

糖類の話です

運動する人

アトピーの場合、糖類の摂取はよくないため、控える必要があります。特に一般的に多く使われる砂糖は漂白されていることから二重によくありません。 しかし、オリゴ糖やてんさい糖は適度なら効果的で、特に健康食品を利用するとさらに効果が得られます。

View Detail

多くの人が悩む皮膚疾患

複数種類の錠剤

原因や治療法

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応が関係して起こる疾患のひとつです。主に皮膚に、痒みを伴った炎症が起こるのがアトピー性皮膚炎の症状です。痒みは断続的に、あるいは繰り返し起こり、その症状は多くの場合長く続きます。また、皮膚の炎症というのは見た目の印象にも関係しているため、肉体的にも精神的にも大変つらい病気のひとつと言えるでしょう。その患者数は厚生労働省の調査では38万4千人ほどいるとされています。アトピー性皮膚炎の直接の原因は解明されておらず、現代の医学では完全に完治させる方法ありません。その為、用いられる治療法は、ステロイド外用薬などで炎症を抑え込む方法や、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの内服薬でアレルギーや痒みを軽減させる方法などです。

食生活の重要性

しかし病院で行われるそれらの薬物治療は一時的に症状を抑えるための対症療法です。それらの薬は断続的に使用を続けなくてはならない場合が多く、また通院や薬の使用をやめてしまうと元の状態に戻ってしまいます。その為、病院での治療の他に、日ごろの生活習慣なかにアトピー性皮膚炎改善の要素を探すことが重要になってきます。特に食生活はアレルギーやアトピー性皮膚炎と密接な関わりがあると言われています。特定の食品にアレルギーがある場合、その食品を避けることは重要です。しかしそういったことを気にし過ぎるあまり、炎症を起こし傷ついた皮膚を修復するための必要な栄養素が不足しがちになってしまうこともあります。そういった場合、自分に足りていな栄養素を見極め積極的に摂取していくことで、皮膚症状が改善される場合もあります。

かゆみのある湿疹とは

笑顔の人

アトピーは、アレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に起こりやすい病気で遺伝も関係します。繰り返して起こる症状で、強いかゆみのある湿疹ができます。ハウスダストや花粉なども影響するので注意が必要です。改善するのには、様々なサプリメントも効果的です。

View Detail